出湯管の交換方法

交換方法について

取外し方法

  • 1 水を止める

    給水バルブを閉じます。

    ※写真と形状が異なる場合があります。
  • 2 湯沸器の水抜きを行う

    水抜き栓を反時計回りに外れるまで回します。

    ※水が出てきますので、雑巾などを用意してください。
  • 3 出湯管を取り外す

    ネジ式になっていますので、矢印の方向に回します。

  • 4 出湯管を取り外す

    ネジが外れたら(空回り)前後左右に軽く振りながら出湯管を下に引っ張って外します。

    ※水抜きをしても若干水が垂れます。
  • 5 キッチンシャワーを外す

    キッチンシャワーはネジで出湯管へ結合されています。

  • 6 キッチンシャワーを外す

    ヘッドカバー部分を押さえながら、矢印の方向に回して外します。

  • 7 出湯管の中からステンレス管を引き出す

    ヘッドカバーを取り付けた出湯管の中からステンレス管を引き出します。

  • 8 出湯管の中からステンレス管を引き出す

    1人で作業する場合は、小型湯沸器本体との接続部分側を自分の腹部へ押し当てると、ステンレス管が引き出しやすくなります。

  • 9 Oリング(Oリング大)を取り外す

    ステンレス管を引き出した状態でOリング(Oリング大)を取り外します。

  • 10 ヘッドカバーを外す

    ヘッドカバーと出湯管は、はめ込み式となっていますので引っ張って外します。

    ※内側のステンレス管を持ちながらヘッドカバーを外すと取り外しやすくなります。
  • 11 取り外し完了

    新しい出湯管と同じ状態になります。

取付方法

取外し方法

出湯管は2タイプあります。取付方法が異なりますので、ご確認ください。

CHECK
「出湯管カバーS」が同梱されているかどうか
「出湯管カバーS」が同梱されているかどうか

「出湯管カバーS」が同梱されている

1 先端部分のカバーを40mm程度切断する

最初は内側のステンレス管がカバーに隠れて見えていない状態となっています。外側のカバー部分のみを先端から40mm程度カッターナイフ等で切断すると、内側のステンレス管が現れます。

2 出湯管に「出湯管カバーS」を取り付ける

「出湯管カバーS」を切断した先端へ取り付けます。

「出湯管カバーS」が同梱されていない

1 新しい出湯管を用意する

新しい出湯管をできるだけまっすぐにして下さい。

2 出湯管にヘッドカバーを取り付ける

ヘッドカバーを出湯管に取り付けます。

先にOリング(Oリング大)を取り付けないで下さい。必ずヘッドカバーを先に取り付けてから、Oリング(Oリング大)を取り付けてください。逆の手順で取り付けると、Oリング(Oリング大)が奥へ入ってしまう場合があります。

これ以降は同じ手順となります
  • 3 出湯管の中からステンレス管を引き出す

    ヘッドカバーを取り付けた出湯管の中からステンレス管を引き出します。

    ※少し力が要りますので、出来ない時は2人で作業してください。
  • 4 出湯管の中からステンレス管を引き出す

    1人で作業する場合は、小型湯沸器本体との接続部分側を自分の腹部へ押し当てると、ステンレス管が引き出しやすくなります。

  • 5 Oリング(Oリング大)を取り付ける

    ステンレス管を引き出した状態でOリング(Oリング大)を取り付けます。

  • 6 Oリング(Oリング大)を取り付ける

    ステンレス管先端部分に溝があるので、その溝へはまるように取り付けます。上記写真のようになればO.Kです。

  • 7 キッチンシャワーを取り付る

    矢印の方向に回して取り付けます。

    ※しめ過ぎに注意してください。
  • 8 出湯管リング(Oリング小)を取り付ける

    キッチンシャワーを取り付けた側と逆側の先端部分(小型湯沸器本体との接続部分)に新しい出湯管リング(Oリング小)を取り付けます。

小さい紙が同梱されている方はこちらをご確認ください

出湯管取付金具の色(材質)により、
出湯管にはめる出湯管リング(Oリング小)が異なります。

出湯管取付金具 出湯管リング(Oリング小)
白色(樹脂)
出湯管と同色
Dリングタイプ
(丸タイプ)
灰色(樹脂)
黒色(樹脂)
黄銅色(金属)
バッキンタイプ
(四角いタイプ)
  • 9 出湯管を本体へ取り付ける

    小型湯沸器の出湯管取り付け口に出湯管リング(Oリング小)が当たるまでステンレス管を差し込みます。

  • 10 出湯管を本体へ取り付ける

    矢印の方向にネジが止まるまで回します。

  • 11 取り替え完了

    出湯管を上記写真のように斜めに取り付けます。

    ※お湯を止めた際の後垂れを低減します。
  • 12 水抜栓を閉める

    水抜栓を時計回りに閉めます。

  • 13 水を出して、正常に動くことを確認して完了

    給水バルブを開きます。

    ※変換後、初めてお湯を使用する際は、空気が中に入っている為、湯の出が遅くなりますが、じばらく出し続けると直ります。
このページを印刷する