10/31(木)15:59まで3,000円以上で送料無料!

セールはこちら
閉じる

キャンペーン実施中  10/31(木)15:59まで 3,000円以上で全国送料無料!

R.STYLE column

第1回 収納の鉄則と掃除グッズの選び方

キッチンがキレイになる収納とお掃除のヒントをハウスクリーニングのプロ大津たまみがお伝えします。
きちんと収納し、その上で正しいお掃除方法を試してみましょう。
ちょっとしたことでキッチンがキレイになりますよ♪

野菜は形や大きさが実にさまざまで、収納しにくいものの1つです。また、使っていくうちに形が変わって 場所が決められないものです。そこで、野菜を保存するときは変化に対応できるフレキシブルな収納をしましょう。

冷蔵庫に入れるものと入れないものを決める

野菜には冷蔵庫に保存しないほうが良い種類があります。また、泥つきのままのほうが、長持ちするものもあります。

例えば、じゃがいも・さといも・さつまいも・山芋などは新聞紙に包んで、風通しの良い光の当らない場所においておくのが一番。たまねぎはネットにいれて、吊るしておいたりします。ただし、気温の高い夏場は保存方法が変わりますのでご注意!

常温?冷蔵庫?

立てて保存するものを決める

野菜を横に寝かせて保存しようとすると、上に成長しようとするので、無駄な栄養や糖分を使い果たしてしまいます。その結果的、腐りやすくなってしまいます。野菜は生きているんですね。
ほうれんそう、春菊、アスパラ、ねぎなど、土に埋まっている時に上に伸びていくものは立てて収納しましょう。

ブックスタンドで立てて収納ペットボトルで立てて収納

分けて収納!!収納方法をひと工夫

使いかけのこまごましたものは分けて収納してみましょう。
できるだけ取り出しやすく、それぞれのカテゴリに分けて納めます。家にあるグッズを使って分ける工夫をしてみて。

メッシュカゴと平ゴムを使って牛乳パックで分けて収納
まとめ
野菜室での収納は野菜が育っていたときの姿に近い形で収納してあげるのが鮮度を保つコツ。また、牛乳パックなどの収納グッズはいらなくなったらすぐ捨てられるので、自由度があって便利です。

R.STYLE column

現在のカート合計

商品が買い物カゴに
入っていません

見た目がキレイによみがえるキャンペーン
レンジフード純正交換フィルター

お手入れ&便利グッズ

リンナイスタイルコラム

  • ホコリの掃除とホコリがたまらない対策をお掃除のプロに聞きました
    ホコリの掃除とホコリがたまらない対策をお掃除のプロに聞きました

    掃除

  • いつも迷う、洗濯ネットの使い方をプロに聞きました 
    いつも迷う、洗濯ネットの使い方をプロに聞きました 

    洗濯・アイロン

  • 洗濯機まわりの掃除をラクにするプロのお掃除術
    洗濯機まわりの掃除をラクにするプロのお掃除術

    掃除

お買い得商品セット

お買い得商品セット

ガラストップのしつこい汚れに効果的なお手入れセット!

  • ・ガラストップクリーナー
  • ・スクレーパーS
  • ・ガスブラシ
  • ・油汚れ専用ふきん(グリーン)

商品合計 ¥2,310 ¥1,844

ゴトーくんのキッチン
R.STYLE公式Facebook
Copyright © 2009-2019 Rinnai Corporation. All Rights Reserved.