10/31(木)15:59まで3,000円以上で送料無料!

セールはこちら
閉じる

キャンペーン実施中  10/31(木)15:59まで 3,000円以上で全国送料無料!

R.STYLE column

第1回 収納の鉄則と掃除グッズの選び方

キッチンがキレイになる収納とお掃除のヒントをハウスクリーニングのプロ大津たまみがお伝えします。
きちんと収納し、その上で正しいお掃除方法を試してみましょう。
ちょっとしたことでキッチンがキレイになりますよ♪

シンク下×調理グッズ

キッチンのコンロやシンクの下にあるキャビネット部分で使う収納グッズはプラスチック素材のものを使用しましょう。例えば、調理グッズを収納する引き出しは清潔さが大切な場所です。

このような場所には簡単に洗うことができ、変形することがないプラスチックがおすすめです。
汚れに気づいたらすぐに洗って、いつもキレイな状態を保っておきましょう♪

引き出しの調理グッズ シンク下のフライパン この場所は使いやすさが優先!

棚の上×小物

キッチンの棚やカウンターの上などに見える場所に収納するときは、籐(とう)素材のかごを使用しましょう。
籐はヤシ科植物で通気性にも優れ、丸洗いをすることも可能です。

キッチンはプラスチックのものが多くなりがちですが、天然素材の籐を加えることでキッチンをあたたかい雰囲気にすることができます。また、見た目がオープンになりすぎてしまう場合は、一枚布をかけてあげるといいですよ。

小物の収納例目隠しに布をかけてもO.K

戸棚の奥×使用頻度の低い食器

年に数回しか使用しない食器の収納にぴったりな素材はダンボール
ダンボールは軽くて丈夫。その上、安価で通気性に優れているので最適です。

収納をするときはダンボールの外にラベルを貼って、中に何が入っているかは必ず表示しましょうね。
大きなダンボールに収納するよりも小さなダンボールに小分けして入れておくと便利です。

食器の収納例ラベルを貼ってわかりやすく
ポイント
このように収納は使いやすい素材のものを選ぶのもコツ。「なんだか使いにくいな」と思ったら収納グッズの素材もチェックしてみましょう!

R.STYLE column

現在のカート合計

商品が買い物カゴに
入っていません

見た目がキレイによみがえるキャンペーン
レンジフード純正交換フィルター

お手入れ&便利グッズ

リンナイスタイルコラム

  • ホコリの掃除とホコリがたまらない対策をお掃除のプロに聞きました
    ホコリの掃除とホコリがたまらない対策をお掃除のプロに聞きました

    掃除

  • いつも迷う、洗濯ネットの使い方をプロに聞きました 
    いつも迷う、洗濯ネットの使い方をプロに聞きました 

    洗濯・アイロン

  • 洗濯機まわりの掃除をラクにするプロのお掃除術
    洗濯機まわりの掃除をラクにするプロのお掃除術

    掃除

お買い得商品セット

お買い得商品セット

ガラストップのしつこい汚れに効果的なお手入れセット!

  • ・ガラストップクリーナー
  • ・スクレーパーS
  • ・ガスブラシ
  • ・油汚れ専用ふきん(グリーン)

商品合計 ¥2,310 ¥1,844

ゴトーくんのキッチン
R.STYLE公式Facebook
Copyright © 2009-2019 Rinnai Corporation. All Rights Reserved.