11/30まで3,000円以上で送料無料
最短で翌日お届け!

セールはこちら
閉じる

11/30(木)15:59まで
3,000円以上購入で  送料無料!最短で翌日お届け!

R.STYLE column

第1回 収納の鉄則と掃除グッズの選び方

キッチンがキレイになる収納とお掃除のヒントをハウスクリーニングのプロ大津たまみがお伝えします。
きちんと収納し、その上で正しいお掃除方法を試してみましょう。
ちょっとしたことでキッチンがキレイになりますよ♪

ポイント1 使用頻度で分類する

まずは今使っている調理グッズをどれぐらいの頻度で使っているかチェックしていきましょう。

使用レベル よく使うめったに使わない
  1. 毎日何度も使うもの
  2. 1日1回位使うもの
  3. 1週間に1回位使うもの
  4. 1ヶ月に1回位使うもの
  5. 1年に1回位使うもの

ポイント2 動作数を考えて収納場所を決める

毎日何度も使う物がもし、取り出しやすく、しまいにくければ“出しっぱなし”になってしまいます。
そこで、どれだけの動作(アクション)をすれば物を取り出すことができるのかを考えていきましょう。

例えば、「扉を開けて物を取り出す」動作は1アクション
「扉を開けて、フタを取って物を取り出すこと」は2アクションと動作数を数えます。
以下の図を参考に、1で分けた調理グッズを取り出しまでの動作数にあった場所に収納をします。

  1. 毎日何度も
  2. 1日1回程度
  3. 1週間に1回程度
  4. 1ヶ月に1回程度
  5. 1年に1回程度
収納場所の例
調理グッズ立てに立てて手の届くところに出しておく
0アクション

調理グッズ立てに立てて手の届くところに出しておく

キッチンの引き出しの中にそのまま入れるく
1アクション

キッチンの引き出しの中にそのまま入れる

ポイント3収納する高さを工夫する

よく使う調理グッズは床から75〜135cmの範囲に!
よく使う物は、徹底的に取り出しやすく、戻しやすい高さに収納していきます。
よく使う調理グッズは、高さが床から75〜135cmまでに収めましょう。
反対に、ピザカッターやアイスクリームすくい等の年に1回程度の使用頻度の物なら棚の高い場所でもOKです。

よく使う調理グッズは床から75〜135cmの範囲に!
ポイント
収納ストレスをなくすポイントは“よく使う物を取り出しやすく”です。

R.STYLE column

早めの大掃除応援キャンペーン

現在のカート合計

商品が買い物カゴに
入っていません

ご利用ガイド

  • はじめての方へ
  • R.STYLEとは
  • ご注文の流れ
  • お支払い方法について
  • 送料について
  • お客様の声

お手入れ&便利グッズ

商品ランキング

  1. フッ素加工の焼網のコゲをしっかり落とすスポンジ!

  2. あの茶色のステンレス汚れがピカリ☆磨いてスッキリ新品気分♪

  3. 魚焼きグリルで本格石釜風ピザづくり♪アツアツを食卓にそのまま出せてとっても便利☆

  4. コンロの魚焼きグリルで安心して使える耐熱皿。 オーブンや電子レンジ、トースターにも対応し、時短調理を実現!

お買い得商品セット

お買い得商品セット

ガラストップのしつこい汚れに効果的なお手入れセット!

  • ・ガラストップクリーナー
  • ・スクレーパーS
  • ・ガスブラシ
  • ・油汚れ専用ふきん(グリーン)

商品合計 ¥2,268 ¥1,811

レンジフード純正交換フィルター
R.STYLE公式Facebook
ゴトーくんゆるキャラグランプリ
Copyright © 2009-2017 Rinnai Corporation. All Rights Reserved.