1/9(火)15:59まで 全品送料無料!
最短で翌日お届け!

セールはこちら
閉じる

1/9(火)
15:59まで 全品送料無料!最短で翌日お届け!

ガスコンロなどの交換部品販売 R.STYLE > プロが教えるお掃除術 > スッキリ収納★ピカピカお掃除♪ 8月のお悩み

R.STYLE column

スッキリ収納★ピカピカお掃除♪

子どもスペース

いくら家をきれいにしても、子どもの物がいろんな場所に散らばっていて、片づかないのが悩み…。
さらに白い収納ボックスに子どもが落書きしちゃった…(泣)
子どもがいる家でも、スッキリ&ピカピカにできるかしら?

  1. 収納のお悩み
  2. お掃除のお悩み
家事がちょっぴりニガテな主婦はるかさん
スッキリ収納

独立した子ども部屋もステキですが、あちこちに散らばる子どもの物を集めて、部屋の一角に「子どもスペース」を作ってあげましょう。
子どもと一緒に片づけ力を身に付ければ、お掃除もぐ〜んとラクになりますよ♪

  1. お家全体の間取り図を書いて、子どもの生活パターンを考えてながら、子どもがよくいる場所を明確にしていきましょう。

    POINT!

    間取り図を書きながら、普段立体的に見ている空間を平面に落とし込んでいきましょう。
    そして、1日の生活を振り返りながら、間取り上で子どもがよくいる場所を見つけていきます。
    意外とリビングやダイニングにいることが多いかも…。

    お家全体の間取り図
  2. 子どもが大切にしている物を収納する場所=子どもスペースを作りましょう。

    POINT!

    子どもスペースは机に付いている引出しや収納ボックスなどを利用して作っていきましょう。子どもの物の収納場所を決め、「この空間に入る物だけ」と、収納する量も決めていきます。

    子どもスペースを作る
  3. 散らばった子どもの物を集め、何がどこに入っているのかを見える状態にしましょう。

    収納POINT!

    ポイントは子どもの動線を意識すること!
    家の中で子どもがどのように行動しているのかを意識して、収納を設定しましょう。片づける場所が行動範囲から一歩遠くなるだけで、子どもは面倒くさがり、物は途端に戻らなくなってしまいます。
    子どもの動きに合わせて収納を考えていくことが、片づけ上手の近道です!
    何をどこに入れるか決めて、守る!

    何をどこに入れるか決めて、守る!

    収納ボックスにしまう時には、何をどこの段に入れるのかを決めてから、しまいましょう。

    同じ種類の物は同じ場所に戻していけば、迷うことなく片づけることができます。
    ブックエンドなどで仕切りをはっきりさせておくと、子どもでも分かりやすい状態になりますよ。

    棚にラベルを貼る

    棚にラベルを貼る

    片づけたときはどこに何を入れたのかを覚えていても、3日たったら忘れてしまいがちです。置き場所にラベルを貼り、すぐに収納できる状態にしましょう。

    どこに戻すのかを迷わない工夫が必要です。

  4. こちらで完了です。

    スッキリキレイ
    完了

ページの上部へ

ピカピカお掃除

子どもスペースの収納ボックスにクレヨンの落書きが・・・!!
でも大丈夫。熱を上手に活用すれば、あっという間にキレイにすることができます。
プロも使っている方法をお伝えしますね!

  1. お掃除で使う道具を用意します。

    準備するグッズ

    • ドライヤー
    • 使用済みカード
    • 液体せっけん
    • メラミンスポンジ
    • 雑巾
  2. アイテムを使って、クレヨンの汚れをゆるませます。

    お掃除POINT!

    ラクラクキレイにするコツは「熱を加える」事と「削り落とす」の2点!
    ドライヤーの温風がお掃除に大活躍します。ポイントは動画で紹介!
  3. 液体せっけんを数滴たらし、洗剤をクレヨンの汚れになじませます。

    液体せっけんをたらす
  4. 水をたっぷりふくませたメラミンスポンジでこすります。

    POINT!

    メラミンスポンジには、必ず水をたっぷりと含ませましょう!水分が少ないとお掃除箇所に傷がつく場合があるので、注意してくださいね。

    メラミンスポンジでこする
  5. 雑巾で水拭きし、その後乾拭きします。

    雑巾で水拭き
  6. こちらで完了です。

    ピカピカキレイ
    完成

ページの上部へ

お掃除のプロが教えるこうすればもっとキレイ

子どもスペースは親だけで決めるのではなく、子どもの意見も取り入れていきましょう。子どもにとってお気に入りの場所になれば、お片づけが楽しくなってきます!

また、子どもの持ち物は、思っているよりも種類が多いもの。出し入れが面倒にならないように、収納ボックスは、入れるだけで片づくフタのないタイプが理想的です。

子どもスペースは子ども自らが片づけることと、お掃除することを習慣にしていきましょう。片づけやお掃除ができる子は、生活力を身につけた子どもになります。
家族みんなで片づける日やお掃除する日を、あらかじめ決めておくとイイですね!

監修者

大津たまみ先生
お掃除のプロ
大津たまみ先生
名古屋市を拠点に10年前からハウスクリーニング・家事代行業に従事、10,000件以上の片づけを行う。最近は生前整理にも力を入れる。企業や地方自治体での講座や講演会、メディア出演も多数。

R.STYLE column

トップへ
超効率的な大掃除応援キャンペーン

現在のカート合計

商品が買い物カゴに
入っていません

ご利用ガイド

  • はじめての方へ
  • R.STYLEとは
  • ご注文の流れ
  • お支払い方法について
  • 送料について
  • お客様の声

お手入れ&便利グッズ

商品ランキング

  1. フッ素加工の焼網のコゲをしっかり落とすスポンジ!

  2. あの茶色のステンレス汚れがピカリ☆磨いてスッキリ新品気分♪

  3. 魚焼きグリルで本格石釜風ピザづくり♪アツアツを食卓にそのまま出せてとっても便利☆

  4. コンロの魚焼きグリルで安心して使える耐熱皿。 オーブンや電子レンジ、トースターにも対応し、時短調理を実現!

レンジフード純正交換フィルター
ゴトーくんのキッチン
R.STYLE公式Facebook
Copyright © 2009-2017 Rinnai Corporation. All Rights Reserved.